【バズレシピ】ピーマンと肉を使った簡単・時短レシピ4選【武島たけしの極み飯】

【PR】アフィリエイト広告を利用しています
ピーマンと肉を使った簡単・時短レシピ4選 料理とレシピ
この記事は約18分で読めます。
どうも、料理のおにいさんリュウジさん大好きな、僕です。

ピーマンを使った肉料理が食べたいんだよ。簡単に作れそうなやつ、バズレシピでやってたメニューとか。早く教えてー!

オッケーまかせろい!

というわけで、本日のトピックは「手軽に作れるピーマンと肉を使った簡単レシピ」です。

ピーマンの苦み・甘み、肉の脂と旨みが合わさって、ばくばく食べちゃう美味しさ。

ハイボールにもマリアージュしちゃう大人の料理ってやつですな~(偏見)。

この記事には、初めて作る人にもおすすめしたいレシピを集めています。

また、リピートして作るときにも参考になり、なにより「僕自身がメニュー決めたりレシピ確認したりするときに役立つ」ように、次のような内容でレシピ情報を載せています。

食べたいポイント…メニュー決めに役立つような説明です。
材料…必要な材料と、代わりに使える材料など。
作り方…元レシピの作り方を書き起こして、自分備忘録にメモも追記。
本家動画で再確認…そりゃレシピ動画で見た方が分かりやすいです。時間あるときにどうぞ。

それでは、しばらくお付き合いくださいませ。

 

『最高に美味しいぶたぴー炒め』(リュウジのバズレシピ)

ピーマンと豚バラ肉を使ったレシピ、『最高に美味しいぶたぴー炒め』です。

◆YouTubeのレシピ動画はコチラ◆
料理研究家リュウジのバズレシピ
いままでここまでウマいピーマンの炒めがあっただろうか。本当に美味しい豚ピーマンの作り方

『最高に美味しいぶたぴー炒め』の食べたいポイント

豚肉とピーマンを炒めるだけの、ハードルが低いレシピです。
下ごしらえが簡単なのもこのレシピの良いところで、ニンニクなども使いません。

ピーマンはしっかり加熱するので苦みが少なくなり、甘みが増します。青椒肉絲などのシャキシャキ感とは違い、くたくたのピーマンと豚肉を楽しむ料理です。

冷蔵庫に豚バラ肉とピーマンがあれば、すぐ作り始められまっせー。

 

材料

◆メイン食材◆
・豚バラ肉…150g
・ピーマン…5個(160gほど)

「豚バラ肉」は「豚こま肉」でも代用できるます。その場合は、下ごしらえで「薄力粉(大さじ1※)」を追加(※量の指示はなかったが豚肉のグラム数から推測)

◆調味料(下ごしらえ用)◆
・塩コショウ…適量
・ごま油…小さじ2
・オイスターソース…小さじ1
・醤油…小さじ1
・味の素…2振り
◆調味料(炒める用)◆
・黒胡椒…適量

★味変でタバスコ

 

作り方

  • ピーマンは種とヘタごと縦に4等分する。耐熱ボウルにいれ、ごま油(小さじ2)をかけてラップをし、電子レンジで 600W 2分30秒チンする。
  • ピーマンをチンしたら、醤油(小さじ1)、オイスターソース(小さじ1)、味の素(2振り)をかけてピーマン全体に絡めておく。
  • 豚バラは4等分(ひと口大)くらいに切る。塩コショウをかける。
    ※豚こま肉を使用する場合は、ひと口大に切った豚こま肉に薄力粉をふっておく。

ここから先はノンストップ

  • 強火で熱したフライパンに、豚バラ肉を広げながら並べ入れ、炒めていく。
    ※豚こま肉を使用する場合は、サラダ油を少し引いておく。
  • 豚肉に焼き目がついたら、ピーマンを入れる。全体をサッと炒める。
  • 黒胡椒(思ってる2~3倍)を入れて全体を混ぜたら、完成。

 

『最高に美味しいぶたぴー炒め』の動画と手順ポイント

0:00 最初から再生
0:51 材料紹介
1:12 今日の氷占い
1:56 調理開始、ピーマンを切る
3:43 ピーマンをレンチン
4:22 豚バラ肉を下ごしらえ
4:56 レンチンしたピーマンに下味
5:48 フライパンで炒める
8:47 完成からのいただきマンモス

◆番外編◆

2:45 ピーマン大っ嫌いなんです。苦いし

 

『シン・青椒肉絲』(リュウジのバズレシピ)

ピーマンと豚こま肉を使ったレシピ、『シン・青椒肉絲』です。

◆YouTubeのレシピ動画はコチラ◆
料理研究家リュウジのバズレシピ
ガチ必見。激安豚こまとピーマンだけで至高を越えるシン・青椒肉絲(チンジャオロース)を作る方法

『シン・青椒肉絲』の食べたいポイント

青椒肉絲(チンジャオロース)って牛肉を使うもんですが、このレシピは豚肉を使います。
それも豚こま肉をイイ感じに調理するので、お財布的にも罪悪感がありません(リュウジさん談)

具材は細切りにしたシャキっとピーマン、そして豚こまなのにジューシーな豚こま肉です。

中華っぽいの食べたいー。でもガチなの作るのは厳しいなー

ってときの最適解です。

 

材料

◆メイン食材◆
・豚こま肉…180g
・ピーマン…5個(200g)
◆調味料(豚こま下ごしらえ)◆
・塩コショウ…適量
・酒…大さじ1
・片栗粉…小さじ2半
◆調味料(ピーマン下ごしらえ)◆
・ごま油…小さじ2
・オイスターソース…小さじ2
・醤油…小さじ2
・砂糖…小さじ1
・味の素…3振り
・にんにく…3g(すりおろす)
・生姜…5g(すりおろす)
◆調味料(炒める用)◆
・ラード…小さじ2(なければ サラダ油小さじ2)
・黒胡椒…適量(仕上げに)

 

リュウジさんがニンニク・生姜をすりおろしているおろし器(Microplane プレミアムゼスターグレーター)のレビュー記事もあるので、気になっている方は参考にしてみてください。

 

作り方

  • ピーマンは種とヘタごと縦に半分に切り、さらに細切りにしていく。
  • ニンニクの皮をむく。(あとですりおろす)
  • 豚こま肉を広げて重ね、斜めに細切りにする(細長くするため)。
  • 豚こま肉に塩コショウ(適量)、酒(大さじ1)、片栗粉(小さじ2半)をかけて揉み込む。
  • ピーマンを耐熱ボウルにいれ、ごま油(小さじ2)をかけて軽く和える。電子レンジで 600W 1分20秒チンする。
  • レンチンしたピーマンに、醤油(小さじ2)、砂糖(小さじ1)、オイスターソース(小さじ2)、味の素(3振り)をかける。ニンニクとショウガをおろして入れて和える。

ここから先はノンストップで炒めるよ

  • フライパンにラード(小さじ2)をひいて熱し、強火で豚こま肉をほぐすように広げながら炒める。
  • 豚肉に八割がた火が通ったら、ピーマンをタレごと入れる。タレがなじむようにサッと炒めて、黒胡椒(思ってる2倍の量)をかける。
  • ピーマンがちょっとシナっとしたら完成。(炒め時間は1分くらい)

 

『シン・青椒肉絲』の動画と手順ポイント

0:00 最初から再生
1:06 材料紹介
1:27 今日の氷占い
2:27 調理開始、ピーマンを切る
4:38 豚こま肉を切る
5:21 ピーマンをレンチン
6:05 豚こま肉の下ごしらえ
6:59 ピーマンに味つけ
7:59 フライパンで炒める
9:49 完成からの食レポ

◆番外編◆

12:32 お料理サイコパス

 

『至高を超えたピーマンの肉詰め』(リュウジのバズレシピ)

ピーマンと合挽き肉を使ったレシピ、『至高を超えたピーマンの肉詰め』です。

◆YouTubeのレシピ動画はコチラ◆
料理研究家リュウジのバズレシピ
➡  【今までの肉詰めはなんだったのか…】と思うほどウマい。至高を超えたピーマンの肉詰め

『至高を超えたピーマンの肉詰め』の食べたいポイント

ピーマンを使った肉料理と言ったらまず食べたくなるレシピ、ピーマンの肉詰め。
よく焼いたピーマンとジューシーな合挽き肉から出る肉汁。想像し始めたらもう作りたくなってます。

作るのはわりと手間というかやることが多いので、気力の充実したときに。

ていうか、ピーマンにひき肉詰めるの難しいよ

という場合にも役立つ、ピーマンに上手く肉を詰めるコツも分かるレシピです。

 

材料

◆メイン食材◆
ピーマン…4個(180g)
合挽き肉…250g
玉ねぎ…100g
◆調味料(玉ねぎ下ごしらえ)◆
バター…10g
塩コショウ…適量
◆調味料(ひき肉下ごしらえ)◆
パン粉…大さじ3
水…大さじ1
塩…1つまみ
コンソメ…小さじ2/3
黒胡椒…適量(思ってる2倍)
◆調味料(ソース用)◆
ケチャップ…大さじ3
中濃ソース…大さじ1
水…大さじ3
コンソメ…小さじ1/2

 

作り方

  • 玉ねぎを細かくみじん切りにする。(玉ねぎが荒いと肉ダネが崩れやすくなる)
  • 切った玉ねぎを耐熱ボウルに入れて、バター(10g)と塩コショウ(適量)を加える。ラップをして電子レンジで 600W 2分30秒チンする。
  • レンチンしたらラップをはずす。玉ねぎをボウルのふちに寄せるようにして、冷蔵庫(時間がない場合は冷凍庫)で冷やしておく。
  • ピーマンは種をとらずに縦に半分に切り、種の周りの白いとこを押し広げておく。

白いところ押して肉の入る部分を広くしておく。種があると肉がはがれにくくなるので種は抜かないです(重要)

  • 切ったピーマンを耐熱ボウルに入れ、ラップをして電子レンジで 600W 2分チンする。
◆ピーマンをレンチンする理由◆
苦みが抜けて甘みがでる
種まで火が通るようにする
ピーマンを柔らかくして肉を限界まで詰める
  • レンチンしたら取り出してバットなどに並べ、薄力粉を振って冷ましておく。
  • 合挽き肉に、パン粉(大さじ3)、水(大さじ1)、コンソメ(小さじ2/3)、塩(1つまみ)、胡椒(思ってる2倍)、冷えた玉ねぎを入れ、手早くこねる。
    ※水(大さじ1)の代わりに氷1個を入れると肉ダネが冷えるのでまとまりやすい。
  • ピーマンに肉ダネを詰める。肉ダネをだいたい8等分にし、ピーマンの種の隙間に肉を詰めていく感じで。

ここからはノンストップでフライパン

  • フライパンにサラダ油を少量ひいてあたため、弱中火にしてピーマンの肉側を下にして並べる。フタをして4分間焼く。
  • 4分経ったらピーマンをひっくり返し、フライパンに押し付けながらピーマン側を焼く。
  • 竹串などで肉ダネに穴を開けて濁った肉汁が出なければ焼き上がり。お皿に盛り付けておく。
  • フライパンに残った油を少しすてて、ケチャップ(大さじ3)、中濃ソース(大さじ1)、コンソメ(小さじ半分)、水(大さじ3)を入れる。トロっとするまでソースを煮詰める。
  • ソースをピーマンの肉詰めにかけて、完成。

 

『至高を超えたピーマンの肉詰め』の動画と手順ポイント

0:00 最初から再生
0:54 材料紹介
1:12 今日の氷占い
2:02 調理開始、玉ねぎの下ごしらえ
3:23 ピーマンを切る
4:17 ピーマンをレンチン、理由も解説
4:53 肉ダネをつくる
6:51 ピーマン肉ダネを詰める
7:26 フライパンで焼く
8:39 ソースをつくる
9:38 完成からの今回はマジでレベルが違う

◆番外編◆

12:33 もりもりクッキング~(語り)

 

『つくね on the ピーマン』(武島たけしの極み飯)

ピーマンと鶏もも肉(鶏ひき肉)を使ったレシピ、『つくね on the ピーマン』です。

◆YouTubeのレシピ動画はコチラ◆
武島たけしの極み飯 / Kiwami-Meshi
ピーマンの一番うまい喰い方は生【つくね on the ピーマン】

『つくね on the ピーマン』の食べたいポイント

このレシピはピーマンを生で食べます。

タレを絡めて焼いた鶏つくねを生ピーマンにのせて食べる、アメージングな料理。めちゃくちゃ好き。

でも動画ではスープも一緒に作っていて、やることが多く(僕みたいな初心者には)なかなかに大変なレシピになんですよね…。

スープがなくてもタレがバツグンに美味しいので、手軽に済ませたい場合はスープなしでつくねピーマンだけ!とするときもあります。

 

材料

◆メイン食材◆
鶏もも肉…1枚
玉ねぎ…1/2個
ピーマン…5個くらい
卵…1/2個(よく溶いておく)
◆食材(スープ用)◆
長ネギ…1/4本
◆調味料(つくね用)◆
塩…少々
砂糖…大さじ1/2
醤油…大さじ1
みりん…大さじ1
黒胡椒…少々
マヨネーズ…大さじ1
片栗粉…大さじ1~3 ※片栗粉の量で肉ダネの硬さを調整
◆調味料(つくねのタレ用)◆
醤油…60cc(大さじ4)
みりん…60cc(大さじ4)
砂糖…15g(大さじ1)

 

武島さんが動画内で玉ねぎをすりおろしているおろし器は、Microplane ジャパニーズスタイルグレーターですね。このおろし器、めちゃくちゃ切れ味良いです。

作り方

  • ピーマンは縦に半分に切り、ヘタと種を取る。ピーマンがシナっていたら氷水につけておくとパリパリになって美味しい。
  • 玉ねぎの皮をむいてすりおろす。すりおろした玉ねぎの水けを絞って切り、ボウルに入れておく。
玉ねぎはフードプロセッサーを使ってもOK
✅ シャキシャキした玉ねぎ食感が好きならみじん切りでも良い
  • 鶏もも肉の皮をはぎ取り、フードプロセッサーで鶏もも肉をミンチにする。フードプロセッサーがなければ包丁で細かくたたいてもOK。
  • ミンチ肉をボウルに加え、塩(少々)、砂糖(大さじ1/2)、醤油(大さじ1)、みりん(大さじ1)、黒胡椒(少々)、溶き卵、マヨネーズ(大さじ1)、片栗粉(大さじ1)を入れてかき混ぜる。
✅ 肉ダネが柔らかすぎたら片栗粉を少しずつ追加して調整する
  • 小さめ鍋に醤油(大さじ4)、みりん(大さじ4)、砂糖(大さじ1)を入れて強火で沸騰させる。沸騰したら弱火で5分ほど煮詰める。

このタレはうなぎのタレにも近い味わい。蒲焼なんかにも使え汎用性はバツグン、多めに作って取っておくのをオススメする

 

ここでスープを作りながら鶏つくねを茹でる工程に入りますが、昆布を使ったりとややハードル高いです。作り方については動画(5:12 あたりから)を参考にしてください。
ぶっちゃけ、僕はつくねピーマンが食べられればいいので、鶏ひき肉や合挽き肉をつかい、昆布の代わりに味の素でもいいかな~って作ったりしてます(笑)
  • フライパンに油を引いて、鶏つくねを焼いていく。火はほとんど通っているので、つくねをあまり動かさずに焼き目を付ける感じで焼く。
  • 焼き目が付いたら、焼き鳥タレを入れる。鶏つくねにタレをからめ、少しとろみがつくまで煮詰めたら、完成。

 

『つくね on the ピーマン』の動画と手順ポイント

0:00 「ピーマンの一番うまい食い方、それは生だ」(最初から再生)
0:29 調理開始、ピーマンの下ごしらえ
1:10 スープ用のネギを刻む
1:19 玉ねぎをすりおろす
2:16 鶏のミンチをつくる
3:16 鶏つくねの下味つける
4:20 タレをつくる
5:12 つくね茹でるついでのスープ作り
5:46 つくねを茹でる
6:36 つくねを焼く
7:27 完成からの実食

◆番外編◆

5:08 犬かわいい
9:25 犬とてもかわいい

 

あとがき

本日の「手軽に作れるピーマンと肉を使った簡単レシピ」を紹介してきました。どれも僕の好きなレシピです。

とくにピーマン肉詰めと、つくねピーマンは好きなのですが……なかなかにやることが多くて、僕みたいな料理初心者には少しハードル高いんですよね。

自分で失敗しないよう、レシピ起こしもできるだけ分かりやすくまとめたので、皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

というあたりで、それではまた。

料理とレシピ
【広告】
【広告】
シェアする
タイトルとURLをコピーしました